フィリピンで現地採用として働く私の平日の1日!海外就職って日本の生活スタイルとどう違うの?

フィリピンで現地採用として働く私の平日の1日!海外就職って日本の生活スタイルとどう違うの?

こんにちは!

フィリピンで3年間現地採用として働いていました、おきピン!(@okipin_)です。

 

海外で働くってってどんな感じ?

フィリピンで働こうと決意した時、具体的にどういう生活スケジュールなのか

今日はフィリピンで現地採用として働く私の1日のスケジュールをご紹介します!

 

こんな私のスケジュール

・フィリピン在住
・現地採用
・職場は日系。従業員⇒日比7:3
・経理&総務(なんでも屋)
・職場も自宅も同じ地区(BGC)

フィリピンで働く平日

4:00 起床

Photo by Matthew Henry on Unsplash

早い!

仕事の時間は7:30~16:30なのでこんなに早く起きる必要はないのですが、積極的に早く起きたいんです。

なぜならジープが混むから

 

公共交通で通勤するなら2択です。

・朝ゆっくり起きて、渋滞の時間帯に時間をかけて通勤するか
・朝早く起きて、すっと通勤して早く職場に着くか

私は3年間「早起き&混む前にジープに乗る!」で通勤していました。

日が昇る前に家を出るので日焼けをしないというメリットもあります。

 

朝早く出勤するのがおすすめ!
早起きすっきり・混んでない・日焼けしない!

うちの場合は6時前に家を出れば、ジプニー待ちの列ができる前にサクッと乗れます。

 

7:30 仕事開始

Photo by Domenico Loia on Unsplash

だいたい6時半前には職場に到着しています。

スタッフ誰もいません。みんな割とギリギリに来ます。
私は自宅にテレビもWifiもないので、早く着いて、だいたいネットニュースを確認してます。

仕事の開始は7時半です。
基本的にはオフィスにいて、たまに銀行に行ったり外出します。

 

10:00 メリエンダ

Photo by rawpixel on Unsplash

10時になったらおやつタイム♪

コーヒーと一緒にビスケットやチョコレートなどをつまむのはもちろん、おかゆやスープ、スパゲティなど。
もはやそれは一食なのでは??というがっつり食事をしている人もいます。

 

12:00 お昼休憩

Photo by Toa Heftiba on Unsplash

1時間の休憩です。

私の職場は「デスクでお弁当スタイル」なのでネットサーフィンしつつ、お弁当を食べるという感じです。

お弁当はだいたい前日の夜ごはんを作るのと一緒に作って、冷蔵庫で保存。
職場にも自由に使える冷蔵庫があるので腐ることはありません。
電子レンジもあるので温かいお弁当が食べられます。

 

13:00 午後の仕事開始

Photo by Annie Spratt on Unsplash

ここから仕事終わりの16時半までもうひと踏ん張り!
15:00に2回目のメリエンダがあります!

こうやってちょいちょい休憩時間を挟むのは集中力継続のためにも良いなぁと思います。

うちの職場ではメリエンダになると、半強制的に「休憩しよう」という空気になり、何も食べていないと「これあげる」とスタッフがおすそ分けをくれる。

お弁当忘れた、と同じぐらいメリエンダないというのはフィリピン人スタッフにとってはあり得ないことらしい…
毎回もらうのも悪いので、いつも引き出しの中に何かある状態にしています。

お菓子は引き出しにストック

 

16:30 退社

お仕事終了です!

フィリピン人スタッフともに16時ぐらいからそわそわ帰宅準備を始めます笑

自分で望まない限りは、絶対定時で帰れる

私も16:30ジャストで退社するようにしています。

なぜなら、17時以前にジプニーに乗るのと17時以降にジプニーに乗るのとでは全く状況が変わっているからです。

早く出ればその分、渋滞が回避できます!

渋滞を回避するために、定時ジャストで帰るために必死で仕事する

18:00 帰宅

Photo by Lubomirkin on Unsplash

帰宅したらまずお風呂ですね。
乾季なら汗だく、雨期なら雨で濡れていることが多いので。

そして手洗い洗濯。3年間手洗いで洗濯してきました。
洗濯機は買えるのであれば買った方がいいよ!うちはね、置くスペースがね、なかったんだよね。

食事は基本自炊していました

金銭面・健康面もありますが、別に苦労していたわけではなく、一刻も早く家に帰ってごろごろしたかっただけです笑
家のそばにスーパーがあって、お買い物に困ることはありませんでした。

週末に1週間分まとめ買いするという方法もありますが、1人で車もなく買い物をするのは持てる荷物の量が限られるので、なかなか難しかったです。帰宅の途中に買い物ができる場所がある方が楽ですね。家から徒歩圏内だとベスト。

 

家と職場の間に寄れるスーパーがあると良い
家から徒歩圏内だとなお良い

 

20:00 就寝

Photo by Harris Ananiadis on Unsplash

家にテレビもWifiもなければあっという間にやることがなくなって寝ます。

たまにやることといえば、家計簿をつけたり、LaptopでDVD観たり、たまにポケットWifiを使ってネットサーフィンしたりなど

 

まとめ

現地採用として海外で働くなら、

①住宅と職場の距離
②通勤手段
③お昼ごはんの形態

に気を付けていれば、あとは日本で働くのとほとんど変わらないと思います。

平凡なスケジュールですが、まぁだいたいこんなもんです。
海外で働くってそんなにハードルの高いことじゃないですよ。

この記事でほっと安心できる方がいれば幸いです^^