【Cubao-Laoag】PARTASバスでのラオアグへの行き方

【Cubao-Laoag】PARTASバスでのラオアグへの行き方
 

1泊4日でフィリピン最北端に行ってきました!

今回の話(第1回/全5回)
夜行バスでマニラから北上し、Paoay教会にいくためにLaoagの手前のBatacで降車する。

 

金曜の仕事が終わった―!と同時にクバオのバスターミナルへ向かう。

Cubao(クバオ)へ

■ジープ/UV Express (8~10ペソ)
Bonifacio Global City (職場) ≫Guadalupe

Laoagへ向かうバスのターミナルはCubaoにあるので、まずは大通り(Edsa)へ出ます。

 

■バス (30ペソ程度)
Guadalupe ≫Cubao (farmers)

Cubaoの中でもファーマーズという大きなマーケットで降りるとターミナル徒歩圏内です。
非常に混み合う場所なので、まずバス停で降ろしてもらえない。
「クバオ」「ファーマーズ」の単語を聞き逃さないように頑張ろう!

クバオにはMRTの駅もあるので、状況次第ではMRTで来てもよいね。

PARTAS(パルタス)バスターミナルへ

■徒歩
Cubao (farmers) ≫Partas Bus terminal

私と同じく南から北上してCubaoについた場合は、降車した位置と反対の道路に渡らなくてはいけません。
この辺りには歩道橋があるのでそれを使いましょう。

バスターミナルはEdsaから少し離れたところにあり、大きい道をまっすぐ行くだけなので場所はわかりやすい。ただ、人通りが少ないのであまり一人で歩くのはおすすめしません。

行きのチケット

同僚が事前予約してくれていました。
PARTASバスチケット予約
biyaheroesbiyaheroes≫https://biyaheroes.com/#!/

良いチケットサイトかどうかはわかりませんが、とりあえずちゃんとメール対応してくれて、発見してもらったEチケットをつかってバスに乗れました。

Laoag(ラオアグ)へ

■バス (903.5ペソ)
Cubao ≫Batac

PARTASのバス

所要時間:約10時間
休憩:2回。出発から3時間後(Tarlac付近)と8時間後(Viganのターミナル)

ラオアグへ行くバスに乗り、手前のBatacという町で降車しました。
終点まで乗りつづければLaoagまで行くことができます。

PARTAS バスターミナル↓
Partas(Cubao)のバスターミナル

正面がチケット売り場。
写真を撮る私の背後にある待合室はエアコン完備。

トイレには紙がありませんのでティッシュペーパーを持参すべし。

長距離バスのチケット

事前予約した際のE-チケットをチケット売り場で↑このバスチケットに引き換えます。
(事前予約してないときはチケット売り場で↑このチケットを買う)

降車場所は融通がききます。
いろんなところでいろんな人が降車し、本当にLaoagまで行く人は4分の1以下でした。

PARTASバスの中
バス内部↑

座席の背後に何もなし。捕まるとことポケットほしい。
言うまでもなくエアコンガンガンかけてきます。

テレビ付き。映画2本上映した後、音楽に切り替わりました。

なぜBatacで降りたの?

≫世界遺産の「サン・アウグスチン教会」に寄るため

Laoagの手前に「サン・アウグスチン教会」という世界遺産の教会があります。
Paoay(パオアイ)という場所にあるため、別名「パオアイ教会

クバオからラオアグまで行って、また南下してくるより、
先にパオアイに行ってからラオアグへ行こうと考えました。

残念ながらバスはパオアイを通過しないので、一番近くのバタックで降車したというわけです。

 

と、いうことで次回!
Batacで降車した私たちがPaoay教会へ行くの巻!