おすすめ花蓮の旅スケジュール④花蓮から台北への電車での行き方

おすすめ花蓮の旅スケジュール④花蓮から台北への電車での行き方
 

2月に地震のあった花蓮って行かない方がいいのかしら。

 

2018.5月に実際に訪問してきました。(その感想はこちら
 →結果:街に地震の影響はほとんど見受けられなかった。

 

街(食)・山(太魯閣)・海(七星潭)と花蓮には見どころがぎゅっと詰まっています。のんびりとしてよいところです。
余震が少し気になりますが、今は危ないから行ってはいけないという場所ではないと思います。

 

地震の前に花蓮に行ったことがないので比べられないのですが、5月の時点では旅行客は少なめでした
それによって、得られる恩恵もいろいろとあったので実は今こそ穴場な観光地かもしれません。

 

今回は実際に花蓮に行ってきた私が「誰かに案内したい花蓮」のスケジュールを勝手に作ってみたのでご紹介!

おすすめ花蓮の旅スケジュール

1日目[午前] 台北から花蓮へバスで行ってみる!
可愛い・安い・居心地いい花蓮の宿
1日目[午後] 花蓮の街歩き~食メイン~

2日目 花蓮の2大名所「太魯閣」「七星潭」へ!

3日目 花蓮から台北へ電車で帰ってみる! ←今ココ

 

前日

台北行きのチケットを買う

 

前日までに電車の切符を購入しましょう
台北⇒花蓮の電車のチケットの競争率はかーなーり高いですが、花蓮⇒台北はまぁまぁ何とかなるようです。
それでも前日までに切符を購入することを強くおすすめします。

花蓮駅のチケット売り場

駅の入口を入ってすぐのところに写真のようなチケットカウンターが見えます。

当日チケットのカウンターと翌日以降チケットのカウンターは分かれているので、翌日以降のカウンターに並んでください事前にWebページで電車の時刻を確認し、情報をメモして持っていくとよいと思います。
第3候補ぐらいまで用意しているとなおよし。
時間がはっきりわからないときは午前か午後など時間を伝えたり、普通車か特急かを伝えましょう。

台湾鉄道チケット予約ページ https://www.railway.gov.tw/jp/timetable.aspx?n=19995

 

ざっくり所要時間(花蓮‐台北)

  • 太魯閣号:2時間
  • 普悠瑪号:2時間
  • 自強号:3時間

*いずれも金額は440元(2018年5月現在)

  • 区間車:4時間30分 283元(本数が少ない)

 

メモ例

乗車日:5月12日
行き先:花蓮⇒台北
時間:8時39分
種類:普悠瑪
枚数:2枚

 

オンライン予約すればよいのでは?
≫もちろんそれでも良いのですが、ゲストハウスのお兄さん曰く、あまりよくない
予約したのに取れていなかった…ということもあるようです。
また、オンライン予約をしていたとしても、乗車の際には窓口に立ち寄り、チケットを受け取る必要があります
事前に窓口でチケットを購入していればその場でチケットを受け取ることができるので、こちらをおすすめします。

 

当日

花蓮駅に行く

花蓮駅の改札前

事前にチケットを購入していれば、切符をすでに受け取っています。
改札前の電光掲示板で、自分の電車を確認し、手元のチケットを改札に通してホームへ入ります。

ホームに売店はないので、改札の手前で買い物は済ませましょう。

花蓮駅のホーム
(駅のホームの様子)

 

座席を探す

私が花蓮に行った時は「普悠瑪号」を選択しました。
8時過ぎに出て、お昼前に台北に着くことができる便です。

台鉄の行き先の確認

電車の側面に「普悠瑪」と書かれている電車を探します。
5という数字は「5号車」という意味です。

特急の場合、座席は指定されています。
チケットに「○車△號」と書かれていて、これは「○号車の△番の席」という意味です。

花蓮から台北行きのチケット

私のこのチケットの場合、「5号車の28番の席」という意味。

見えにくいですが、「5車」の下には「普悠嗎」と書かれています。

花蓮駅のホーム

自分の車両までは電車の中を歩くより、ホームを歩いた方がスムーズです^^

台鉄の座席

席はこんな感じ。
前の座席の背中にテーブルがついていて、食事をしたり、パソコンで作業したりもできます。

台北駅に到着

花蓮⇒台北の電車は、台北が終点とは限りません。

多くの場合、台北よりさらに先へ行くので、降りそびれないよう注意です。

 

おかえりなさい!

おすすめ花蓮のスケジュールを全4回+1でお送りしてきました。
花蓮の街に観光客がもどり、たくさんの人が花蓮でよい思い出を作って帰れるよう願ってます^^

私も再訪して、さらに花蓮情報を充実させていきたいです!

 

台北⇒花蓮へ行くときは「バス+電車」がおすすめ!
電車1本で行けたらいいけど競争率が高いんです(泣)
[blogcard url=”https://okipin.com/hualien-1/”]