フィリピンの珍味!カップ・チャンポラードを食べてみた!

フィリピンの珍味!カップ・チャンポラードを食べてみた!

チャンポラードとは
フィリピンの朝ごはんとして親しまれている、

ざっくり言うと
チョコレート味のお粥です。

 

日本の友人から是非食べてみたい!とリクエストがあったので、
お湯を注ぐだけで出来る「カップ・チャンポラード」をおみやげに買ってみました。

 

カップチャンポラードのふた

写真の白いのはミルクです。(よりまろやかになって美味。お好みでどうぞ)

 

私はフィリピンの一般家庭でチャンポラードを食べたことがあるのですが、
果たしてこのカップ・チャンポラードはどこまで再現できているのか。

 

まずは自分で食べてみよう!

 

チャンポラードの作り方

作り方は簡単

側面にも記載されてますが、お湯を注いでかき混ぜるだけです。

 

 

チャンポラードの内容

内容: チャンポラードのもと
プラスチックスプーン

 

フィリピンではカップ麺などにもすぐ食べられるようにスプーンが入っていることが多い。
(使いやすいかどうかはまた別の話)
使わないこともあるし、助かることもある。

 

カップチャンポラードの素

中身をカップに移します。
最初からカップに入っていないのは、個人的に高ポイント

虫にやられたり、ダメージでカップが破損したりといろいろあるからね、フィリピン。

 

お湯を注いでかき混ぜたらもう出来上がり!

カップチャンポラード完成

 

さっそく食べてみよう!

お米と言うよりは麦芽パフ?みたいな感じ。香ばしいです
チョコレートも苦味のあるビターな感じで、うん!
フィリピンだからどろっどろに甘いと予想してたから、これはいい!

 

 

ただ…

 

 

チャンポラードではない!

 

 

もちろん家庭差はあるでしょうが、チャンポラードってもっとおかゆ
もっちりこってりなの。これはサラッサラ!

 

手作りシチュー
カップスープ〜クラムチャウダー風味〜
ぐらいの違いがあります。

 

けど、別に美味しくないわけではない。
むしろ導入としてはいいかもしれない。

 

「フィリピンのチョコレート味のお粥だって!」

「うっへー!なにそれー!食べてみよう!」

 

「あ、別にいけんじゃね?」

 

って感じです。

まっずー!ってはならない。想定内の味。チョコレートと米

 

そして、フィリピンで本物のチャンポラードを食べて「重ッ!全然違うじゃん!」ってなればいいよ笑

 

カップ・チャンポラードよりワンランク上の「ちゃんと鍋で作るインスタント・チャンポラード」もあります。

 

インスタントチャンポラード

5人前ぐらいできちゃうから実践はしません笑